Ⅴラインは回数が多め

Ⅴラインは自己処理が難しく、肌もデリケートな部分なので、脱毛はエステできちんと行いましょう。自分でやってしまうと、埋もれ家や肌トラブルの原因になってしまいます。
エステでⅤラインの施術を行うときには、基本的にほかの部位よりも回数は多くなります。
しかしこれは仕方のないことで、Ⅴラインは毛も濃くて太く、密集しているところなので、他の毛に比べて効果がなかなか出にくいのです。そのため毛がまばらになってから、生えてこなくなるまでにも回数が必要になるのです。

回数は多く時間はかかりますが、女性にとっては大事な問題ですし、水着などを来た際に心配することなく堂々としたいですよね。そのためにも早めに通って効果を実感できるようにしましょう。

Ⅴラインの範囲はどこまでなのか

Ⅴラインは人によって差があるため、どこまでが施術範囲になるのか気になりますよね。なんとなく恥ずかしくて聞きづらいので行く勇気が出ないこともあります。
基本的にはⅤラインというのはパンツさショーツからはみ出た部分で、それより内側の部分は入らず、別のⅠラインやOラインというものになってしまいます。
Ⅴラインは水着などを着たときにアンダーヘアーがはみ出ないように処理するものですので、その範囲に限られます。

なので施術の際には用意された紙ショーツなどを着用して施術を行います。
上半身は服を着たままで施術できます。スタッフの方が多少ショーツをずらす場合はありますが、そんなに大まかにずらすことはないので、思っているよりも心配はないと思いますし、女性スタッフなので安心できます。

生理中は施術できるのか

これはⅤラインに限った問題ではありませんが、生理中は基本的には脱毛はできません。とくにデリケートな部分に関しては施術は断られる場合もありますし、やめておきましょう。
生理中はホルモンの関係でお肌や体調に大きく影響がある場合があり、通常よりもデリケートになっています。そのため脱毛サロンでも制限があるのです。
生理中の施術は刺激にも敏感になっていますので、強い痛みを感じたり、頭痛や肌荒れにもつながる危険があります。また出血によって感染症が起きてしまうこともあるのでお断りしているのです。

しかしサロンによっては生理中でもほかの部位であれば施術が可能な場合もあるので、前もって聞いて確認してみることをおすすめします。
ピュウベッロ